ドラマ「グッド・ドクター」の第10話(最終回)の動画の感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第10話では小児外科を存続させようとしてきた院長により東郷記念病院が大手の病院に吸収合併が決まった後に、大手の病院から不採算部門である小児外科を廃止する事が条件と言われて小児外科廃止に向かう所から始まりました。
そんな時に医院長が院長室で吐血して意識不明で倒れている所に、山﨑賢人が演じる知的障害のある医師が来て、医院長先生がガンの末期で余命が短い事が病院関係者に知られます。
大病院の合併交渉で、小児外科廃止を決めた医院長の娘の病院理事は、その事を知って父である医院長の命が短い事を知って合併話を躊躇います。
そんな時に長年東郷記念病院で、移植のドナーを待っていた小児科の少女の患者がドナーがあらわれないまま、病状が急変して生命維持装置にかけられました。
小児科外科のリーダー的な存在です藤木直人が演じる医師や女医らが集まって、肝硬変と小腸の国内ではまだ症例のないリスクの高い臓器同時移植しか助からないという話になりました。
ドナーが現れるのを待っていると、ERに川で溺れた少女が心肺停止状態で運ばれて来ました。
その少女を調べたら、長年治療を続けて死にかけているドナー待ちの少女と臓器が適合してました。
そこで女医の先生はリーダー的な先生が、その溺れた少女はもう助からないので臓器提供にご協力して下さいと頼みますが、突然そんな事を言われても受け入れられず断られます。
そこで知的障害のある医師が、両親を説得して臓器提供のドナーになる事を認めさせます。
だけど最終的に、医院長が倒れている中で失敗したら合併話も立ち消えてしまう手術だったため、理事の殆んどが手術を反対しますが、医院長の娘が手術をOKしました。
そして小児外科のリーダー的存在の医師が手術を出頭して、知的障害のある医師のアシストもあり無事に国内初の手術に成功しました。
その評判はニュースでも取り上げられ、融資を拒んできた銀行も融資を再開してくれて小児外科の存続が決まりました。
今回の見どころはやはり、知的障害のある医師が娘が死にそうになっている両親を説得して、ドナーになってもらう感動のシーンだと思います。

ドラマ「グッド・ドクター」の第9話の動画の感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第9話の見どころは物語も佳境に入り、山﨑賢人さん演じる新堂湊の成長と小児外科の廃止問題にあります。
東郷記念病院の建て直しのために病院を高齢者向け療養施設に改革する案が会議で議決されてしまい、小児外科と産婦人科の年内廃止が決定してしまいます。
湊が担当する森下伊代が倒れてしまい、小腸の移植手術が必要である事が判明します。
藤木直人さん演じる高山は脳神経外科の盛岡から患者の滝川良平の病状について相談をされます。
水頭症を発症しており、できるだけ早いオペが必要ながらも、腹膜炎の既往によって一般的な手術法が出来ないことが問題になっているのです。
さらには、頭部を強打した際に腰髄も損傷して水頭症のオペが成功しても歩行が出来ないこと、そのことを家族の希望で未だ本人には伝えていないことも判明します。
亮平が小児外科病棟に移ってきたことを喜ぶ伊代は少しずつその距離を縮めていきます。
副医院長の猪口は亮平が入院していることを偶然知りその症状を気にしていますが、実は別れた妻との間に出来た実子であったのです。
偶然に姉が自分のドナーになろうとしていること、移植手術が自分に必要な事を知ってしまった伊代は、いつもの前向きな姿とは違って手術は絶対に受けないと強く拒みます。
小児外科病棟の閉鎖の事実を知ってしまった夏美は高山に詰め寄りますが、高山は今目の前にある命を救うことが唯一出来る事であると諭すのです。
一方湊は伊代の本心を聞き出して、これ以上姉に負担をかけたくない思いが手術を拒否している本当の理由である事を聞き出します。
亮平が倒れてしまい緊急のオペが行われることになります。
難しい状況の中で小児外科チームは力を合わせて困難な手術を成功させるのでした。
湊は伊代に亮平が手術前から自分の足が動かないことを知っていたことと、それでも諦めずにバスケットを続ける決心をしていることを伝えたのです。
それと同時に幼い頃から何度も手術を繰り返しても前向きに頑張っている伊代は凄いと褒めながら、姉の汐里はいつもその姿に励まされていたことを伝え、二人で幸せになる為にドナーになる決心をしたことを話すのです。

ドラマ「グッド・ドクター」の第8話の動画の感想

新堂湊(山﨑賢人)は森下伊代(松風理咲)とともに滝川亮平(萩原利久)を追うが、伊代は恥ずかしがり今日も話かけられずにいました。
高山誠司(藤木直人)の治療を息子の陽翔(鳥越壮真)に受けさせるため、長男・翔太(池田優斗)と東京へ越して来た香織(酒井若菜)は、お見舞い帰りに階段から転落してしまいます。
瀬戸夏美(上野樹里)と湊は陽翔から外出したいとお願いされるも高山の許可が必要だと説明をしていると、香織が病院に運ばれたと連絡を受けます。
心配をかけたくないから用事でお見舞いに行けないと伝えてほしいと夏美にお願いする香織を横目に、付き添ってきた翔太は病室を出て行きます。
湊は翔太を追いかけ弟の病室に案内しようとするも、去ってしまいます。
その夜、湊は屋台で酔いつぶれる小児外科長の間宮啓介(戸次重幸)に偶然会うと、憧れていると言うのでした。
翌日、帽子で頭の怪我を隠した香織と翔太が陽翔の病室に入ると、夏美が外出許可がおりなかったことを説明しているところでした。
駄々をこね、香織にも文句を言う弟に翔太は怒り出し、香織の帽子をとり怪我を見せると、お前のせいだと言って病室を出ていきます。
泣きじゃくる陽翔を湊が慰めながら、なぜ外出したいのか尋ねます。後日、陽翔はトイレで吐血し、緊急手術が必要になります。
高山が別の手術中だったため、間宮が執刀し、無事成功します。
まだ目が覚めない弟に付き添う翔太は湊に対し、ものすごく心配したと素直な気持ちを吐露します。
湊は、陽翔は自分が寂しいから家族全員寂しいと思っていて外出したかったという理由を翔太に話します。
しばらくして陽翔に特別に病院の屋上で花火をすることが許されます。
翔太は弟に謝り、来年も花火をやろうと言います。
幸せそうな笑顔を見せる家族たちの様子を遠くから見ていた東郷美智(中村ゆり)は複雑な表情を浮かべます。
屋上で残った花火を楽しむ夏美のことをじっと見つめる湊、そして一方、伊代は病室で亮平に話しかけられたことを嬉しそうに姉に話していると突然倒れてしまうのでした。