ドラマ「グッド・ドクター」の第7話の動画の感想

第7話においては、上野樹里さん演じる女医がこれまでに担当していた患者たちが、大人になってから彼女に会いに来ます。
小児外科におけるカンファレンスにて、藤木直人さんが演じている高山は山﨑賢人さん演じる湊に対して、松風理咲さんが演じている患者の森下伊代の肝障ガンへの対処方法を質問します。
正確で的確な対処方法をしっかりと答えた湊は、伊代を担当することを任されるという流れです。
そのような湊を同様のレジデントである、浅香航大さん演じる中島はまったく快く思っていません。
その後には、夏美を訪ねてきた福田麻由子さん演じている倉田菜々子が病院に来ます。
菜々子は今までに夏美が担当をしていた患者で、今は保育士として元気に働いているというわけです。
菜々子は、同僚である藤原季節さん演じる馬渕健太郎からプロポーズをされるわけですが、卵巣を摘出する手術を受けたということをなかなか言えません。
そのようなことから、健太郎に夏美からそのことをきちんと話して欲しいと言ってきたのです。
健太郎に対して夏美は菜々子の身体の状態に関して説明をするシーンが見どころです。
卵巣が一つでも残っていたのであれば、妊娠をすることも可能ですが、妊娠をすることが不可能な夏美に対して健太郎は、気持ちが変わることは無いという答えをして、結婚へ進みます。
一方高山は、中村ゆりさん演じている東郷美智より別れを切り出されてしまいます。
経営者という立場から小児外科廃止に進もうと目論んでいる美智は、高山と付き合いを続けることは出来ない告げるというわけです。
高山自身もチームを絶対に守ると言って別れを承諾します。美智は柄本明さん演じている司賀明にも病院の方針をしっかりと告げたあと、院長室に置いてあるゴミ箱の中に入った司賀の診断書を発見してしまいます。
菜々子は母親に健太郎と結婚することを報告しますが、菜々子は突然激しい頭痛に襲われて、東郷記念病院に搬送されてしまうのです。
菜々子の脳にはまったく異常は無かったというシーンで終わります。

ドラマ「グッド・ドクター」の第6話の動画の感想

6話の冒頭も、いつも通り山﨑賢人演じる新堂は正直すぎる発言をして周囲を笑わせています。
でも患者の前で余計なことをあまり言わなくなってきたのは、高山にも何度も叱られているからでしょうか。
藤木直人演じる高山の信頼を少しずつ得るようになり、医師としても成長してきた新堂は、6話でなんとハイリスク分娩の水野理香のオペに参加できることになりました。
患者の水野は胎児の疾患のため、かなりリスクの高い帝王切開の分娩をすることになっています。

高山の新堂に対する当たりも少し優しくなったように感じます。
ようやく湊の求めている「全ての子どもを大人にしたい」という理想が叶えられそうという所まで来ました。

6話の見どころは、新堂と亡くなった兄、虐待をしていた父との関係についてです。
久しぶりに会う父に、虐待されていた幼き頃がフラッシュバックするけれど、「会いたかった」と抱きしめられることで関係を修復できるのではないかと期待してしまいます。
一緒にご飯を食べる約束をしたとルンルン喜んでいる新堂が可愛いです。
ですが父の目的は息子との関係修復ではなく、目的が別にあったのです。

残念ながらそううまく関係が戻ることはなく「お前のせいで兄は死んだのだ」と父親に傷つけられてしまいます。
父親にとったら自分の息子は新堂の兄だけだと思っているようです。
虐待していた父親がそう簡単に変わるわけもありません。
兄か自分の命か、天秤にかけられている状態だとしたら、自分が死ぬべきだったと新堂は感じてしまいます。

一方、状態が悪化して患者の水野は、子どもの命か母親の命か、どちらかを優先しなくてはいけない状況に陥ってしまいます。
どちらかの命しか選べないのなら、水野の夫は迷いなく妻の命を選ぶと言い切ります。
それはちょうど新堂の兄との関係と重なる部分があります。
でもすでに意識不明状態の妻には、もう選択肢がありません。
どうやって水野の夫を説得することができるのか、胎児と母体のどちらも助けることができるのでしょうか。

ドラマ「グッド・ドクター」の第5話の動画の感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第5話の見どころは最近パルムドール受賞をした映画「万引き家族」注目を集めた子役の城桧吏が難病を抱えた天才ソプラノ歌手の羽山響を演じています。
山﨑賢人さん演じる新堂湊が働く東郷記念病院に喉の不調を訴えた羽山が運び込まれ、響の大ファンである倫太朗をはじめ小児外科に入院している子ども達は大はしゃぎで、院内で行われるお楽しみ会の合唱に誘います。
倫太朗や湊が合唱の楽譜を渡すも響は冷めた目で手作りの楽譜を破り捨て、父親は余計なことをしないように病院にクレームを入れます。
響は検査の結果早急な手術が必要であるにも関わらず、手術をすれば高音が出なくなる可能性もある為に響の父親は頑なに手術を拒否します。
湊がトラブルを起こして院長(榎本明)を辞めさせようと画策している副院長(板尾創路)の陰謀を知っている高山(藤木直人)は彼を画像診断科に転科させようと考えています。
響の早急な手術を求めた湊は父親の反感をさらに買うことになり、高山から直接転科を言い渡されてしまいます。
しかしながらはどれだけ怒られても小児外科を離れないと全く受け入れないのです。
副医院長の策略を知らずにいた事を一緒に食事に行って夏美は高山に謝ります。
その時に湊が過去に兄が死んでしまったことや全ての子どもを大人にしたいという強い希望を持って小児科医を目指していることを聞いた高山は、自分の弟も自閉症があり自立を促して高山の後押しで仕事に就いた就職先でパニックを起こし無くした過去を話します。
弟を死なせたことを後悔して湊を転科させることで守ろうとしていたのです。
お楽しみ会の当日に一番張り切っていた倫太朗は白血病が再発して倒れてしまいます。
目の前でその姿を見た響は湊から倫太朗にとってその歌声が病気との不安を癒やしてくれる力になっていたことを知らされるのです。
響は湊に協力を仰ぎ倫太朗のために子ども達みんなで歌を歌います。
その歌を聴いて笑顔を取り戻した姿は父親に手術の決意をさせるのでした。
湊の提案によって声を失わずに手術は成功し、少しずつ湊の力が認められ始めます。

ドラマ「グッド・ドクター」の第4話の動画の感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第4話の見どころは山﨑賢人さん演じる自閉症でありながらサヴァン症候群で医学部を首席で卒業した新堂湊がはじめての担当患者を持つ事になり、トラブルを引き起こしながらも心で寄り添って幼い少女の病気も心の痛みも癒やしていくストーリーにあります。
ナースステーションでは緊急搬送された少女が処置をしようとする看護師に対して暴れて抵抗しており、一言も言葉を発せずにただ逃げ回っています。
湊が側に近づくと大人しくなり、手術が必要なこの少女は身元が分からない状態で病院に入院しているのです。
この少女の担当医になりたいと訴える湊に対して医師の高山(藤木直人)をはじめ皆が反対しますが、問題を引き起こして医院長を退任させたい間宮(戸次重幸)の指示によってそのまま彼が担当医になるのです。
一生懸命少女の対応を行うのですが、なかなか心がほぐれる様子は無く、ある時母親である薫が名乗りを上げて病院に訪れます。
少女あかりが一言もしゃべらない理由を薫は自分が継母である事が原因かもしれないと話すのです。
その夜あかりが持っていたお絵描きノートが落ちており、それを拾って中を見た湊に対して彼女は「誰にも言わないで」と初めて声を出すのです。
翌日自宅の側に娘を転院させたいと訴える薫に対して湊はあかりを抱きしめて連れて行き、頑なに拒否をします。
父親がやってきた時に湊に突き飛ばされたと訴えて倒れている妻の姿を見て父親は怒って娘を取り戻すのです。
薫に暴力を振るったのか確認される湊は一切の返事をしないために懲罰委員会にかけられることになり謹慎処分を受けます。
あかりは実は薫から虐待を受けており、再婚して元気になった父親のために自分の気持ちを押し殺していたのです。
湊はあかりの気持ちが綴られたノートを見てその事実を知っていましたが、黙っていたのでした。
高山と夏美は父親にその事実を告げ、ノートを渡します。
病院を抜け出した為腹膜炎を引き起こしたあかりの緊急オペがはじまり湊の的確な判断で無事オペは成功し、あかりに本当の気持ちを伝えるように促してその心の痛みも癒やしていくのです。