ドラマ「グッド・ドクター」の第3話の動画の感想

ドラマ「グッド・ドクター」第3話の見どころとしては山﨑賢人さん演じる主人公の新堂湊の子どもを想う優しい心からの行動が、大切な我が子を失った親の悲しみや命を助けたいと願って苦しんでいる小児科医の瀬戸夏美(上野樹里)の心にも響くところにあります。
第2話で新堂湊が取った行動が問題視された新生児の手術の責任を負って藤木直人さん演じる小児科医のエース高山誠二は自ら謹慎処分を受け入れて病院から離れています。
患者からも医師や看護師達からも信頼されて尊敬されているエースの高山が不在になっている事で、ただでも忙しい小児外科は休憩も取れないほどの大忙しに見舞われてしまうのです。
そのような難しい状況の中で夏美は担当の子どもである石山舞が手術を怖がっていることを励ますために、手術のことが分かるための絵本を作って渡します。
その時に夏美の携帯にERから連絡が入り、6歳の市川美結が病院を何軒もたらい回しにされて既に発祥から4時間以上が経過して重篤な状態で運び込まれてきます。
高山に連絡するも繋がらない状況下の中で、急変した美結配置時期心停止の危険な状態に陥るのです。
その状況を見た間宮(戸次重幸)は手遅れの患者のオペをして、リスクを負うことは無いと他の病院へ回すように告げ、緊急の手術が必要だと訴える湊の言葉と目の前で苦しんでいる子どもの姿を見て夏美は自分が手術をする決意をするのでした。
夏美は湊の適切な術処置の意見を聞きながら手術を勧めていくが、手術中に進呈を起こして美結は無くなってしまいます。
子どもを亡くした症状の両親は手術の対応をした夏美を責めて医療ミスで訴えようとしてしまうのです。
命を救えなかったことに落ち込む夏美に対して、高山は舞のオペを行う様に厳しく話をします。
美結が亡くなってしまったことに涙を流して悲しむ湊は、少女が来ていた服を綺麗に縫い合わせて遺品とともに自宅に届けます。
その気持ちと優しさを受け取ったことで少しだけ前を向くことが出来た両親は訴えを取り下げて、命に向き合ってくれた夏美にもお礼を伝えるのでした。

ドラマ「グッド・ドクター」の第2話の動画の感想

山﨑賢人演じる新堂湊は、驚異的な暗記能力を持つ一方でコミュニケーション能力に障害のあるサヴァン症候群です。幼い頃から小児科医になることが夢だった湊は、研修医として東郷記念病院小児外科でレジデントとして働いています。
ある日、東郷記念病院に女子高生の菅原唯菜が破水して緊急搬送されてきます。
上野樹里演じる瀬戸夏美は、彼女はこれまで検診を受けたことがない未受診妊婦であり、生まれてきた子は低出生体重児かつ腸のほとんどが壊死している、と報告します。
湊は保育器に入れられた我が子に謝罪する唯菜を目にして、彼女に赤ちゃんが助かる方法はあると伝えます。
その方法とは医師の高山の手術を受ける事でしたが、それを聞いた高山は湊をきつく叱りました。
高い術中死が伴う手術を行うことは医局の方針に反しているからです。
子どもを助けたい唯菜は夏美に手術してほしいと頼みますが、夏美は手術には保護者の同意書が必要であることを告げます。
唯菜の母が病院にやってくるも、出産を責めて同意書へのサインは断ります。
そんな中、赤ちゃんの診断画像を見た湊は、高い記憶能力を生かして赤ちゃんの腸の回復に気づき、夏美と共に高山に手術を懇願します。
母親の同意がとれたこともあり手術は行われ、無事成功をおさめます。
それでも浮かない顔をしている唯菜は夏美に、母親が手術に同意する条件は我が子を里子に出すことだったと打ち明けます。
赤ちゃんを救うためにその条件をのんだ彼女に対して夏美は、家族と暮らせない子どもを一定期間里親に養育してもらう、養育里親という制度があるので利用してはどうか、と提案します。
その行動のきっかけには、赤ちゃんのお母さんは唯菜だけ、という湊の言葉がありました。
赤ちゃんと暮らせる可能性を知った唯菜も元気を取り戻します。
唯菜が赤ちゃんに会いに行くと保育器に、いつでも唯菜の顔を見られるように、と考えて湊が描いた彼女の似顔絵が貼られていました。

ドラマ「グッド・ドクター」の第1話の動画の感想

2018年新ドラマ「グッド・ドクター」は主演が山﨑賢人さんで、今回は自閉症のスペクトラム障害があるサヴァン症候群の小児外科医を演じています。
同じく山﨑賢人さんが主役を務めていた「トドメの接吻」の役柄と、今回は全く違う演技を見せてくれるところは見どころになっています。
最初の登場シーンからサヴァン症候群の特徴となる人並み外れた抜群の記憶力を発揮してくれて子どもを助けるところ、他の医師は見抜けなかった箇所をズバリ的中させて伝えようとするところ、とっさの判断で子どもを手術室まで運ぼうとするところなど、まわりからの偏見を吹き飛ばすような活躍を見せてくれました。
藤木直人さんは今まで多くの医師という役を演じてきているだけあって、優秀な医師という設定がとても似合っていました。
高山先生も1話では、まだ山﨑賢人さん演じる新堂湊を冷たく罵倒したり突き飛ばしたりしていましたが、ここから徐々に高山先生に認められていく姿を期待しています。
また、上野樹里さん演じる瀬戸先生や浜野謙太さん演じる橋口看護師が、最初から新堂先生に偏見を持たずに優しく接してくれたところから、きっとこれからも様々なシーンで新堂先生を助けてくれると思うので、そこにも注目して視聴していきたいです。
1話は学校に行きたくても病気で行けない男の子がメインのストーリーになっています。
自閉症というだけで偏見されてしまっている男の子を助けようとする新堂先生の健気な姿・その涙なしでは観られません。
その男の子とお母さんのことを想って発した言葉の数々も感動を与え、見どころになっています。
新堂先生は素直で純粋だからこそ、健常者の私達でもなかなか出来ない・言えないことを素直に行動に移していきます。
私達も見習わなくてはいけないのかもしれません。
「グッド・ドクター」は毎回泣いたりほっこり温かい気持ちになれたりする素敵なドラマなので、是非多くの方に観てもらいたいです。