ドラマ「グッド・ドクター」の第5話の動画の感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第5話の見どころは最近パルムドール受賞をした映画「万引き家族」注目を集めた子役の城桧吏が難病を抱えた天才ソプラノ歌手の羽山響を演じています。
山﨑賢人さん演じる新堂湊が働く東郷記念病院に喉の不調を訴えた羽山が運び込まれ、響の大ファンである倫太朗をはじめ小児外科に入院している子ども達は大はしゃぎで、院内で行われるお楽しみ会の合唱に誘います。
倫太朗や湊が合唱の楽譜を渡すも響は冷めた目で手作りの楽譜を破り捨て、父親は余計なことをしないように病院にクレームを入れます。
響は検査の結果早急な手術が必要であるにも関わらず、手術をすれば高音が出なくなる可能性もある為に響の父親は頑なに手術を拒否します。
湊がトラブルを起こして院長(榎本明)を辞めさせようと画策している副院長(板尾創路)の陰謀を知っている高山(藤木直人)は彼を画像診断科に転科させようと考えています。
響の早急な手術を求めた湊は父親の反感をさらに買うことになり、高山から直接転科を言い渡されてしまいます。
しかしながらはどれだけ怒られても小児外科を離れないと全く受け入れないのです。
副医院長の策略を知らずにいた事を一緒に食事に行って夏美は高山に謝ります。
その時に湊が過去に兄が死んでしまったことや全ての子どもを大人にしたいという強い希望を持って小児科医を目指していることを聞いた高山は、自分の弟も自閉症があり自立を促して高山の後押しで仕事に就いた就職先でパニックを起こし無くした過去を話します。
弟を死なせたことを後悔して湊を転科させることで守ろうとしていたのです。
お楽しみ会の当日に一番張り切っていた倫太朗は白血病が再発して倒れてしまいます。
目の前でその姿を見た響は湊から倫太朗にとってその歌声が病気との不安を癒やしてくれる力になっていたことを知らされるのです。
響は湊に協力を仰ぎ倫太朗のために子ども達みんなで歌を歌います。
その歌を聴いて笑顔を取り戻した姿は父親に手術の決意をさせるのでした。
湊の提案によって声を失わずに手術は成功し、少しずつ湊の力が認められ始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です