ドラマ「グッド・ドクター」の第4話の動画の感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第4話の見どころは山﨑賢人さん演じる自閉症でありながらサヴァン症候群で医学部を首席で卒業した新堂湊がはじめての担当患者を持つ事になり、トラブルを引き起こしながらも心で寄り添って幼い少女の病気も心の痛みも癒やしていくストーリーにあります。
ナースステーションでは緊急搬送された少女が処置をしようとする看護師に対して暴れて抵抗しており、一言も言葉を発せずにただ逃げ回っています。
湊が側に近づくと大人しくなり、手術が必要なこの少女は身元が分からない状態で病院に入院しているのです。
この少女の担当医になりたいと訴える湊に対して医師の高山(藤木直人)をはじめ皆が反対しますが、問題を引き起こして医院長を退任させたい間宮(戸次重幸)の指示によってそのまま彼が担当医になるのです。
一生懸命少女の対応を行うのですが、なかなか心がほぐれる様子は無く、ある時母親である薫が名乗りを上げて病院に訪れます。
少女あかりが一言もしゃべらない理由を薫は自分が継母である事が原因かもしれないと話すのです。
その夜あかりが持っていたお絵描きノートが落ちており、それを拾って中を見た湊に対して彼女は「誰にも言わないで」と初めて声を出すのです。
翌日自宅の側に娘を転院させたいと訴える薫に対して湊はあかりを抱きしめて連れて行き、頑なに拒否をします。
父親がやってきた時に湊に突き飛ばされたと訴えて倒れている妻の姿を見て父親は怒って娘を取り戻すのです。
薫に暴力を振るったのか確認される湊は一切の返事をしないために懲罰委員会にかけられることになり謹慎処分を受けます。
あかりは実は薫から虐待を受けており、再婚して元気になった父親のために自分の気持ちを押し殺していたのです。
湊はあかりの気持ちが綴られたノートを見てその事実を知っていましたが、黙っていたのでした。
高山と夏美は父親にその事実を告げ、ノートを渡します。
病院を抜け出した為腹膜炎を引き起こしたあかりの緊急オペがはじまり湊の的確な判断で無事オペは成功し、あかりに本当の気持ちを伝えるように促してその心の痛みも癒やしていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です