ドラマ「グッド・ドクター」の第3話の動画の感想

ドラマ「グッド・ドクター」第3話の見どころとしては山﨑賢人さん演じる主人公の新堂湊の子どもを想う優しい心からの行動が、大切な我が子を失った親の悲しみや命を助けたいと願って苦しんでいる小児科医の瀬戸夏美(上野樹里)の心にも響くところにあります。
第2話で新堂湊が取った行動が問題視された新生児の手術の責任を負って藤木直人さん演じる小児科医のエース高山誠二は自ら謹慎処分を受け入れて病院から離れています。
患者からも医師や看護師達からも信頼されて尊敬されているエースの高山が不在になっている事で、ただでも忙しい小児外科は休憩も取れないほどの大忙しに見舞われてしまうのです。
そのような難しい状況の中で夏美は担当の子どもである石山舞が手術を怖がっていることを励ますために、手術のことが分かるための絵本を作って渡します。
その時に夏美の携帯にERから連絡が入り、6歳の市川美結が病院を何軒もたらい回しにされて既に発祥から4時間以上が経過して重篤な状態で運び込まれてきます。
高山に連絡するも繋がらない状況下の中で、急変した美結配置時期心停止の危険な状態に陥るのです。
その状況を見た間宮(戸次重幸)は手遅れの患者のオペをして、リスクを負うことは無いと他の病院へ回すように告げ、緊急の手術が必要だと訴える湊の言葉と目の前で苦しんでいる子どもの姿を見て夏美は自分が手術をする決意をするのでした。
夏美は湊の適切な術処置の意見を聞きながら手術を勧めていくが、手術中に進呈を起こして美結は無くなってしまいます。
子どもを亡くした症状の両親は手術の対応をした夏美を責めて医療ミスで訴えようとしてしまうのです。
命を救えなかったことに落ち込む夏美に対して、高山は舞のオペを行う様に厳しく話をします。
美結が亡くなってしまったことに涙を流して悲しむ湊は、少女が来ていた服を綺麗に縫い合わせて遺品とともに自宅に届けます。
その気持ちと優しさを受け取ったことで少しだけ前を向くことが出来た両親は訴えを取り下げて、命に向き合ってくれた夏美にもお礼を伝えるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です