ドラマ「グッド・ドクター」の第2話の動画の感想

山﨑賢人演じる新堂湊は、驚異的な暗記能力を持つ一方でコミュニケーション能力に障害のあるサヴァン症候群です。幼い頃から小児科医になることが夢だった湊は、研修医として東郷記念病院小児外科でレジデントとして働いています。
ある日、東郷記念病院に女子高生の菅原唯菜が破水して緊急搬送されてきます。
上野樹里演じる瀬戸夏美は、彼女はこれまで検診を受けたことがない未受診妊婦であり、生まれてきた子は低出生体重児かつ腸のほとんどが壊死している、と報告します。
湊は保育器に入れられた我が子に謝罪する唯菜を目にして、彼女に赤ちゃんが助かる方法はあると伝えます。
その方法とは医師の高山の手術を受ける事でしたが、それを聞いた高山は湊をきつく叱りました。
高い術中死が伴う手術を行うことは医局の方針に反しているからです。
子どもを助けたい唯菜は夏美に手術してほしいと頼みますが、夏美は手術には保護者の同意書が必要であることを告げます。
唯菜の母が病院にやってくるも、出産を責めて同意書へのサインは断ります。
そんな中、赤ちゃんの診断画像を見た湊は、高い記憶能力を生かして赤ちゃんの腸の回復に気づき、夏美と共に高山に手術を懇願します。
母親の同意がとれたこともあり手術は行われ、無事成功をおさめます。
それでも浮かない顔をしている唯菜は夏美に、母親が手術に同意する条件は我が子を里子に出すことだったと打ち明けます。
赤ちゃんを救うためにその条件をのんだ彼女に対して夏美は、家族と暮らせない子どもを一定期間里親に養育してもらう、養育里親という制度があるので利用してはどうか、と提案します。
その行動のきっかけには、赤ちゃんのお母さんは唯菜だけ、という湊の言葉がありました。
赤ちゃんと暮らせる可能性を知った唯菜も元気を取り戻します。
唯菜が赤ちゃんに会いに行くと保育器に、いつでも唯菜の顔を見られるように、と考えて湊が描いた彼女の似顔絵が貼られていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です